fc2ブログ

神戸でヨガーmayu 神戸の小さなヨガ教室

神戸、西元町(花隈)で小さなヨガ教室をしています。ゆったりカラダを動かしたり、時にはちょっとがんばってみたり。呼吸と動きを使って自分の中に意識をむけていきます。はじめての方や、からだのかたい方も安心してご参加ください。ヨガのこと、外ヨガやその他のイベント、ものづくり、日々のこと。。好きなことや感じたこと書いています。ヨガ教室のお問い合わせは、こちらへ→mayuyoga.814@gmail.com

渡辺純子先生の冬の陰ヨガの講座を受けてきました。Spaceわににて(神戸、元町)

全国で陰ヨガの指導をされている渡辺純子先生の冬の陰ヨガのワークショップを受けてきました。

神戸初開催らしく場所はお世話になっている大好きな先生、ぬんさんのスタジオにて。神戸市中央区中山手にあるSpaceわにさんです。

昨年から、東洋医学の中医学。中国の陰陽五行論に基づいた自然理論を学んでいます。腑におちることが多くておもしろいのです。教えてくれているのは、ティーチャートレーニング時代の同期で友人の田中綾さん。神戸で陰ヨガを伝えています。

その綾さんの陰ヨガの先生が渡辺純子先生なのです。

いろいろつながり、心が動き、いってきました。

冬は、もっとも陰のエネルギーが強まるとき。

汗をかいてバタバタするような活動はさけて、エネルギーを蓄えることを第一にゆっくり過ごすとき。

植物たちも葉を枯らしできるかぎり少ないエネルギーでじっと過ごす。でも全てのエネルギーをとめて完全に枯れているわけではなく、内側には強い生命力があり、一番大切な種だけをしっかりと守り、春を待つ。

人間も同じ。

からだの窓を閉じて、志も保存するように今は胸に秘めて、春に動きだせるようにその時をまつ。エネルギーをしっかり貯めておきながら。

そのエネルギーをためておくところが内臓でいうと腎。冬に一番ケアしてあげたいところ。

ケアするためには、心身の静寂を取り戻せるヨガをし、質のよい睡眠、食事をとることが大切だそうです。

22時ぐらいには眠りにつく、早寝遅起きがいいらしい。

食事は、黒いものがいいそう。

根菜やいも類、きのこ類もおすすめだそうです。渡辺純子先生はえびもおすすめで、自身はえびを食べるようにしていると言われていました。

豚汁はいろいろいっぺんに入れられるからいいよー!ってことも言われていたなぁ。私もお味噌汁や豚汁やスープは具材いろいろ入れられるのでよくやります。おすすめ。

こういうおばあちゃんの知恵袋のような話がたまらなく好き。

講座では話をきいたあと、リラックスしながらポーズを行うヨガの時間があった。

このリラックスしながらが、とても難しかったのです。

どのポーズも必ずどこかに力が入ってしまう。

その力が入ったところは、こわばりや痛みになっていた。

からだがサインを出していた。

ヨガをはじめて、からだもこころもゆるんできたと思っていたが。。

おかげで、また新しい気づきもうまれました。

もっと自分を解放させたいなぁ。

冬の過ご方が春に大きく影響します。

残りのわずかですが冬の過ごし方を見直していきたいなぁ。

講座を受けてから、黒豆やこんぶ、わかめなど黒いものを取り入れながら、早めに帰宅してはやく布団に入るように意識してます。

知るとやってみたくなりますね!


mayu

スポンサーサイト




  1. まじめに。。yogaのお話
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]



comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




« 2024 04  »
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

プロフィール

mayu yoga

Author:mayu yoga
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR


.